FANZAキャッチで「キャッチっち」。あなたも私も、みんなでハッピー「キャッチっち」。

【新田帆夏】清純美少女ちゃんがエロマッサージを受ける。スタッフがアソコに埋没させた親指をぐにぐにと動かすと、流石に清純美少女ちゃんもいやらしい顔になってしまう。

新田帆夏

恋糸ラプソディ 新田帆夏

今日は「恋糸ラプソディ 新田帆夏」を紹介します。
帆夏ちゃんかわいいですよね。
切れ長の目と長い黒髪。良い意味で平安美人という感じがするのです。
見学人も大好きな帆夏ちゃんですが、以前にも本サイトで紹介したことがあります。

本作は、そんな帆夏ちゃんのデビュー作です。
まだ初々しい恥じらいボディーを見せながら、帆夏ちゃんスマイル満点の動画となっています。
さて、いつもの通り、体育座りで鑑賞しましょう!

動画は、レオタード姿の帆夏ちゃんが運動する様子から始まります。
終始ニコニコと笑っています。少し緊張気味なのでしょうか?

さて、シーン変わって制服姿です。
カメラを正面に見つめ、思わせぶりにキャンディーを舐めます。
切れ長の綺麗な目がまっすぐこちらの心に突き刺さります。
痛い痛い。美人ちゃんのそういう表情は見学人には痛いのです。

制服のスカートをめくると、純白のシンプルな下着が現れます。
清純乙女はこうでなくっちゃという感じのシンプル下着です。
色っぽいです。

次は部屋着で肌のお手入れをします。
本動画は、帆夏ちゃんのデビュー作とあって、あまり過激なシーンはありません。
本当に可愛い子のかわいい仕草を見るということを重視し、トントンと進んでいきます。
そういう意味では見逃し厳禁ですね。

帆夏ちゃんは、マッサージ機を使い、自分の肌のお手入れを始めます。
グラマーではありませんが、B83の形の良いバストが柔らかく手に包まれ、大変エッチです。
たまにちらっと先っちょが見えてしまうのはご愛嬌。
育ちの良い紳士は見て見ぬふりです。

さて、どんどん行きますよ。次はシャワーシーンです。
スレンダーな帆夏ちゃんの肌がいやらしく濡れ、そこに石鹸が泡立ちます。
帆夏ちゃんは、小さなビキニを着ているのですが、スタッフはそのビキニを乳輪が現れるぎりぎりまで下げ、恥じらう帆夏ちゃんを優しく洗っていきます。

胸を刺激され、うっとりとしてしまった帆夏ちゃん。
スタッフの手は怪しく下半身に伸びていきます。

スタッフは、帆夏ちゃん足を開かせると、開いたアソコの中に親指を入れ、いやらしくかき回し始めます。
デビュー作で緊張していると思われる帆夏ちゃんは、この仕打ちに耐えるのみです。

イラスト:アソコに親指を埋め、かき回す

さらに、後ろからもいやらしく敏感部分を刺激されると、帆夏ちゃんの顔もひきつり始めます。
少し感じ始めてしまっているようです。

次は美少女のベッドシーンです。
ベッドの上にバランスボールを置き、その上に帆夏ちゃんが跨ります。
バランスボールの上で跳ね、少し照れたような顔をします。
自分がエッチな動作をしているのがわかっているのでしょう。

次は、バック、正常位的なポーズをキメてくれます。
恥じらう感じがベリーグッドです。
やっぱり清純乙女は恥じらいが大事だと思うのです。
そして、そんな恥じらいを我ら紳士達は主食にします。
食物連鎖ってやつですね。

さて、ひとしきりエッチなポージングをしてくれた後、帆夏ちゃんは飴をご奉仕します。
長い髪をかき分け、顔を傾けて飴を舐めあげる姿は絶品です。

最後のシーンはエロマッサージです。
え?デビュー作でエロマッサージ?と驚かれた紳士は多いのではないかと思います。
いいんです。帆夏ちゃんはできる子ですから。

うつ伏せで、足を大きく開かれてしまった帆夏ちゃん。
大きなお尻のお肉が綺麗な形で盛り上がっています。
スタッフはそんなお尻の間に指を這わせ始めます。

性的な刺激で、ちょっと大きなため息が出てしまった帆夏ちゃんですが、今度は仰向けにされ、乳首をくるくるとこねられてしまいます。
ブラを外され、スタッフの指で弾かれるかわいい乳首。
すぐに大きく勃起してしまいます。

そして、再びアソコの愛撫です。
ビキニの上から親指の第一関節までアソコに埋没させ、ぐにぐにと内側からマッサージされてしまいます。
このいやらしいマッサージに対し、帆夏ちゃんは目を閉じ、口元から吐息をもらします。
完全に性的な刺激を与えることを目的とした愛撫に、純粋な帆夏ちゃんも女性として反応してしまっているようです。

執拗な愛撫は続きます。
帆夏ちゃんは耐えることができたのでしょうか?
その結末はあなた自身の目でご確認ください。

紹介作品

同じ女優さん(別名義含む)の新作

コメント

本サイトの楽しみ方 FANZAキャッチの楽しみ方

サイトの内容上、検索でヒットしない時もあります。
トップページのブックマーク登録をご検討下さい!