京極由奈

【京極由奈】黒髪ロングの正統派美少女が透けたシーツの下で延々と手マンを受ける。「ぴちゃぴちゃ」といやらしい音を立てながら、吐息のような喘ぎが漏れ出す。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日は「京極由奈 シースルーラブ」を紹介します。
見学人は、これまで京極由奈を存じていたのですが、動画を見るのは始めてです。
おしとやかなお姉さん風の見た目の清純美少女という感じですね。
髪の毛も長くて日本的な美人さんですね。これは期待できそうです。

最初のシーンは、制服姿の由奈ちゃんが、お体を見せてくれます。
びっくりしたのが、このシーンでの下着の透け感です。
あまり下品なことは嫌いなのですが、ショーツが由奈ちゃんの恥じらいポイントを隠しきれていないのです。
そこに、縦笛などで刺激を加えるものですから、ぐにぐにと形を変えるそれの動きがよくわかってしまいます。

次のシーンは元気に運動のシーンです。
スポーティーなタンクトップにショーツ姿の由奈ちゃんが、ゴムを使った運動やストレッチする姿を見せてくれます。
無駄な贅肉のないスレンダーなカッコいい体つきです。

外に出ると、パンツを脱ぎ、体に水をかけていきます。
水滴がアソコに滑り落ち、とてもエロいことになってしまいます。
慣れない手付きでタンクトップも脱いでしまうのですが、そのときはちらちら見えてはいけないものが見えてしまいます。
まあ、健全な感じのエロということですね。

汗をかいた由奈ちゃんとお風呂に入るシーンです。
由奈ちゃんはお胸はあまりないのですが、お尻はしっかり綺麗にお肉が付いています。
セクシーです。
そんな美しい下半身をアピールしながら一緒に湯船につかります。

イラスト:エッチな目つきで手コキを見せてくれます

主人公に見立てたガラス棒を手コキし、すっかり相手を気持ちよくしてあげた由奈ちゃん。
今度は相手に洗ってもらいます。

男はいやらしい手つきで由奈ちゃんの乳房を洗った後、アソコ部分の縦線を丁寧にこすり始めました。
快感で目を細め、刺激に耐える由奈ちゃん。
しかし男の手は指の第一関節まで由奈ちゃんのアソコに埋まったまま、振動してしまいます。
感じてしまっている由奈ちゃんは、つい目を伏せ、小さくイッてしまったようでした。

出ました。猫耳娘です。耳4つ状態です。
美少女が耳を増やすと可愛いものですね。
ツインテールで猫耳というとんでもなく可愛い姿で主人公を誘惑します。

透けた乳首をとても機にしている様子の由奈ちゃん。
でも本当はショーツもちょっと透けてしまっているようです。
知ってか知らずか、主人公は由奈ちゃんの敏感部分をいたずらし始めます。

最初は刷毛やおもちゃの手で突っついていましたが、2本の電マで本格的に快感を与え始めます。
乳首やクリを震わされ、時折天井に向いてのけぞるような仕草をしてしまいます。

イラスト:電マ、ローターに耐え抜く

しかし、我らが由奈ちゃんは、これらの刺激に耐え抜きました。生還です。
そして、お返しとばかりに裸で誘惑し、主人公のアソコをまたもや手コキします。

イラスト:「いっぱい出ちゃったね」

次は可愛い由奈ちゃんと疑似セックスのシーンです。
ここではピンクの透け水着を着ています。
視線で興奮したのか、ツンと乳首を尖らせ、またもやアソコの形を浮き彫りにしてしまっています。

ベッドで主人公を誘惑したあと、主人公に乗っかられてしまいます。
ロングヘアーで乳を隠しますが、腰を大きく突かれてしまうと、乳首さんもチラチラしてしまいます。

最後はこのシリーズ恒例のエロマッサージです。
極端に生地の少ない下着の由奈ちゃんに、オイルが塗られていきます。

由奈ちゃんのキレイな背中にオイルが塗り拡げられ、気持ちよくなった由奈ちゃんは、ついうっとりとした顔つきになってしまいます。
次に主人公は由奈ちゃんの可愛らしいお尻をマッサージし始めます。

由奈ちゃんを仰向けにし、今度は胸のマッサージです。
感じやすい体質なのでしょう。乳首に指が触れると口を開き、目を閉じてしまう可愛い由奈ちゃんです。
その反応を楽しむかのように、主人公は、乳首をくりくりと指で弾きます。

そして、アソコのマッサージが始まります。
オイルが染み、女性器の形に食い込んでしまったショーツの縦線を入念にほじっていくと、由奈ちゃんは辛そうに目を伏せてしまいます。

イラスト:透けたシーツを被せられ、手マンされてしまう

散々、由奈ちゃんのアソコを弄んだ後、主人公は由奈ちゃんの下着を脱がし、その代わりに透けたシーツを被せます。
そして、本格的な手マンを行います。
透けたシーツの下から「ぴちゃぴちゃ」といやらしい音を立てながら、由奈ちゃんは本格的に喘ぎ出します。

VOICEVOX:四国めたん
VOICEVOX:四国めたん

はあっ。はぁーっ。
はっ。ああっ。

延々と手マンのシーンは続き、フェイドアウトするようにシーンは終わります。
こんだけされたら、一度ぐらいはイッてしまったのではないでしょうか?

黒髪ロングの清純美少女がアソコの形を透けさせながら、卑猥な性的刺激を受け続けるという作品でした。
わかりやすい絶頂シーンはありませんでしたが、恥ずかしがり屋なので「イクッ」とか言わないタイプなんでしょうね。

同じ女優さんの新作

コメント